実際に生活をしているイメージで現地調査


実際に生活をしているイメージで現地調査
"貴方が今現在住んでいる賃貸物件で満足されていますか?中には仕方なく選んでしまった人もいるかと思います。
賃貸選びで最も大切なこととなるのが、途中で妥協をしないで理想を追い続けることなのです。生活の便利さは人によって様々ありますので、下見でのチェックは自分の生活を考えて実施するようにしてください。
まずは自分のライフスタイルをまとめてから現地へ下見に行くのが賢い方法と言えます。

部屋探しで下見は必須となり、室内はもちろん、周辺も細かくチェックして、満足いく部屋を探すようにしましょう。
どんなに不動産屋で説明されてもわからないことは数多くありますので、現地調査でしっかりと確認をしておくことが大切なのです。

便利さでは通勤や通学に合わせたチェックが基本となりますので、時刻表などを利用するとわかりやすいでしょう。
昼間の状況だけではなく、夜間タクシーで帰宅したり出掛ける人もいるでしょうから、タクシーに関する情報も集めておくようにしましょう。"



実際に生活をしているイメージで現地調査ブログ:20191005

我が家は母子家庭。
十年前に離婚し、
あたしは娘2人と3人で暮らしている。

上は13歳、下は10歳。
娘たちは多感な時期を向かえている。

そんな我が家では、
1週間前こんな事があった。

あたしは家事と育児・仕事をこなす中、
いろんなストレスが溜まっていた。

娘たちの前で自然と不機嫌になることも、
八つ当たりをしてしまうことも度々あった。

そんな時、上の娘にこう言われた。
「ママ、何かあったんならちゃんと話して!」

いつもと違うあたしの様子に気づいたのだろう。
あたしは、ハッとした。

お子様なんだからと思い、
親の威厳を保つ為に、必死で弱みを見せないようにしてきた。
それが当たり前だと思っていた。

でも、娘の感覚は違っていた。
「しんどいことは3人で分ければ少なくなるし、
嬉しいことは3人で3倍にできると思うよ」

こんな事言われるなんて、思ってもなかった。

「親」と「お子様」、
確かに線を引く所は引かないといけないと思う。

でも、一人の人間として対等に接する時は
接しなければいけないんじゃないかと気づかされた。

親だって辛い事はあるし、しんどい事も…
それを旦那が居ない分、
娘が支えてくれようとしているのだと分かった時、涙が出た。

「親の背中を見てお子様は育つ」
とは、こういう事なのかなって。

「話しても理解できないはず」じゃなくて、
「まずは、話して見ないと!」と思い、
これからは3人で、3人の家族のスタイルを作って行こうと思った。

今では、24時間の出来事を互いに話し、家族の絆を深めている。
時には喧嘩もあるけど…

お子様なりの、お子様だからこそのアドバイス、
「痛いところをつくなぁ~」と内心思いつつ、
でも確実にあたしの宝物のような時間になっている。

実際に生活をしているイメージで現地調査

実際に生活をしているイメージで現地調査

★メニュー

2年周期で家賃交渉をしてみては
審査に合格することで賃貸契約が可能
理想を叶えるのは良い不動産屋を選ぼう
駅前などに店舗を構える不動産屋
賃貸物件にもタイプがある
まずは不動産屋のクチコミ情報をチェック
自分なりの賃貸条件を設定
安全安心のマンション型賃貸物件
管理費や駐車料金なども確認
実際に生活をしているイメージで現地調査


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)話題沸騰の賃料安価の賃貸情報